*

「ほめる」と「叱る」をするときの盲点

公開日: : 最終更新日:2016/05/20 et cetera

「ほめる」と「叱る」について、ある人の記事で気づいたことがありました。

部下をきちんとほめたり叱ったりしたい人へ……
◆─────────────────────────────────◆
       水野浩志の「自身力を高める思考のヒント」    
◆────────────────── 日刊発行 #0378 2016/05/19 ─◆
http://www.mizunohiroshi.com/archives/1901802.html

記事中では、
ほめるや叱るの前に、
「相手を観察する」
だし、
「このプロセス中に、一切の善し悪しを評価をしない」
とありました。
それに反論する声として、

「ちょっと待ってよ。
 善し悪しの評価をしなければ、褒めることも叱ることも
 出来ないじゃ無いか!」

が挙げられていました。
(以上、リンク先より引用)

~~~~~~~

「僕の常識は世間の非常識」

を実感しました。

これまでこのテーマの研修でお話ししたことがありましたが、
参加者と最後まですれ違い感が残ったことを思い出しました。

その時は強引に、

「有効なコミュニケーションを研究している僕の結論です。
 今日納得いかなくても、何かのタイミングで納得できる時が来るでしょう」

とまとめましたが、

「善し悪しの評価をしないと、ほめることも叱ることもできない」

という考え方が根っこにあったとは想像していませんでした。

~~~~~~~

ほめる側、叱る側が、

・自分の方がより知っていなければいけない。
・自分の方がより成果を出していなければいけない。
・反論されてもぶれてはいけない。
・基準を持っていないとほめること、叱ることをできない。

という『前提』を参加者がお持ちだと、うすうす気づいていました。

おそらく、時代劇でよくあるお殿様からのことば

「ほめてつかわす」
「その方の失態の責任、覚悟できておろうな」

と同様に、見ればわかることをわざわざ言う、

「結果からの判断」

を「ほめる」「叱る」にするのであれば、『善し悪し』が必要です。
そして、途中の行動についても、

「自分がイメージする成功体験に沿った行動をしているか?」

も『善し悪し』の評価基準になります。

~~~~~~~

そんなことではないですよね。

・前例のないことに取り組む
・同じことでも、社会情勢が変わっていて同じようにはできない
・チャレンジして経験を積むことが大切

という状況の中では『善し悪し』なんてわかりません。

だからこそ、よりどころがなくなって、わかりやすい
一つ一つの結果を取り上げて「ほめたり叱ったり」をしがちです。

でもそうすると、3番目の大切な条件

・チャレンジして経験を積むことが大切

をする人がいなくなります。

~~~~~~~

ちなみに、仕事でも家庭のこと学校のことでも、

「最低一人でも味方が必要です」

味方がいるからこそ、アイディアが広がり、チャレンジできるのです。

結果でいちいち『善し悪し』を評価してくる人は、味方と感じてもらえるでしょうか?

行動や感情を観察するのではなく、
一つ一つの行動をチェックされるだけだとしたら・・・。

~~~~~~~

大事なことなので、もう一度大切なことを書いておきます。

「ほめる」や「叱る」の前に、
「相手を観察する」
ただし、
「このプロセス中に、一切の善し悪しを評価をしない」

これをやってみてください。

人は変わります。かならず。

コーチングの案内

 個人セッション(全1回~)、体験セッション(有料)、無料オリエンテーションは、
  ・個人セッション
     全1回~、1コマ30分、12,000円+消費税、
     コマ数の上限はありません。
     対面の場合は、+出張料として5,000円+消費税
  ・体験セッション(1回目の最初の30分間分を無料とします)
  ・無料オリエンテーション(すべての質問にお応えします。)
 ご相談、お問合せください。

 ご連絡フォームまたはFAX(020-4663-0649)・・・・24時間受付
 直通電話・・・・平日の11~19時受付(祝祭日を除く)
    ※070-5346-1730:Willcomが、新たに使えます。
     090-6660-6532:Softbankは、着信専用です。
    セッションや研修時はOFFにしています。

 以上のほか、研修のご相談もお受けいたします。
 ご意見などございましたら、お教えください。

 詳しくは、サービス一覧をご覧ください。


関連記事

f9d33651ea5ec233fe13b7f383141a30_s

沈黙を使う

> 無言は > 強い質問である > 御厨貴(みくりやたかし)  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

af246625f97edd7f5d9453637b0779b6_s

コーチングは、「繊細に相手の変化をキャッチする」

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。  公式の報告

記事を読む

ca3797de2aa3c749c59917b7239fb1ea_s

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal.nifty.com/kiji

記事を読む

January2017

「観念は生き物であって、鮮度を失わずに俎の上にのせることには・・・・」

> 観念は生き物であって、鮮度を失わずに俎(まないた)の上にのせることにはある職人的熟練を要する

記事を読む

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s

「誰もしていないことをすれば、第一人者になれる」

> 誰もしていないことをすれば、第一人者になれる > 当時は京都大の学生だった永井良和・関西大教授

記事を読む

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prashantmaxsteel

チームワークはどこにある? その7

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

e6dc7634dd6e410dc483ade3b404e143_s

人を育てるためには、「先回り」「導く」「教える」をやめてください

「察すること」は必要だが、先回りすると成長しない http://blog.goo.ne.jp/hi

記事を読む

no image

「あなたのセカンド・コーチ」に込めた思い

 「あなたのセカンド・コーチ」に込めた思いを語りました。  ご感想もぜひどうぞ。

記事を読む

no image

サポートする者として心身を整える

対人援助職 私たちコーチ、カウンセラー、セラピー、コンサルタント、 もちろん国家資格としての医師や臨

記事を読む

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prashantmaxsteel

チームワークはどこにある? その2

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

ca3797de2aa3c749c59917b7239fb1ea_s
Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

ca3797de2aa3c749c59917b7239fb1ea_s
1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ca3797de2aa3c749c59917b7239fb1ea_s
ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

d1c0f5c8364574fe627b8aabfc4d458b_s
「やりたいことをやる」=「やりたい・実現したいと心が動いたプロジェクトをやる」

(ご無沙汰しています。  Facebookや「Core Infini

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s
目標と承認はかなり近い関係

 多くを所有して重装備になって、  いろいろできるようになって、

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑