*

僕には「ストレス」は少ないけれど「課題」はいっぱいある。

公開日: : et cetera

9/25 組織活性化コーチング「コーチングでストレスマネジメント1入門編」
http://jca-kyoto.jp/?p=2047

の主催スタッフとして、「ストレス」について考えるのだが、
考えれば考えるほどわからなくなってきた。

この記事では、
私個人の考える「ストレス」について書く。
(上記京都チャプターとしての統一見解とは異なることをご了承ください)

もちろん、Web上に書いている方もいらっしゃるかもしれないが、
調べた範囲ではハンスセリエの学説に準拠したものばかり。

だから、以下に記すことは、ほかの誰も言っていないし、
専門家ほど嫌悪感を持たれるかもしれない。
その点注意して読んでほしい。

ハンスセリエは、最初は「有害要因」
との言葉を使っていたそうだ。
(英語ではどのような表現か、わからず。
 ほかの人は、あまり関心がないのかなあ)

~~~~~~~
ストレスとは?

------
「ストレス」とは、
肉体的、精神的に与えられる
空気や他人など身体の外部や
心の声などの内側からの
圧力や刺激

------

と考えれば、ニュートラルな表現。

そして、
------
「ストレス」が問題になるのは、
ストレスを受ける人の許容量や解決能力を超え、
ストレスが激しすぎたり頻度が高すぎ、
健全な状態から大きくずれていて
解決可能性を感じられる「課題」をテーマ設定できない時

または、ダブルバインドの状況の中で
どちらも捨てることができずに
「目標」を設定できない時

------

と考えようか。

とすると、

例えば肉親やペットなどと死別した
「喪失感」や

例えば、誰かにつかまり閉じ込められて、脱出することも、環境を変えることも、身体の状態を変えることもできない
「無力感」

は、「ストレス下の状態」といえる。

一方でよく話題に乗る「仕事のストレス」は、
ストレスじゃない。
個人も組織も、
解決可能性を放棄しているのが問題。

~~~~~~~

「喪失感」は、本人は当然のこと、周りが何かできるものではない。
一番解決してくれるのは時間、
または、偶然の何かとの出会いかもしれない。

「無力感」は、適切な目標と選択肢を設定することで抜け出せる可能性がある。

ストレスかの症状は様々あるが、
ほかにあったとしても解決可能性が
「無力感」と同じと考えられる場合はコーチングが有用。

なお、「適切な目標」と「適切な選択肢」は、
コーチが与えるのではなく、
クライアント自らの中から出てくるものでないといけない。

「無力感」を感じている人に、
「僕は希望を持てない人間なんだ」
「僕は何を求めているかわからない人間なんだ」
「僕は、自分でできる方法さえ考えられない人間なんだ」
って「無力感」を感じさせてはいけないからね。

~~~~~~~

ここまで考えたら、
「ストレスへの対処法」は、
世間に出回っているもので何とかなるのがわかる。

どちらにしても
「ストレス」
「悩み」
「課題」
をごっちゃにしてはダメだ。

僕には、「ストレス」は少ないけれど、「課題」はいっぱいある。


関連記事

ab1895cadfbb9cdb0b6773ccfa383372_s

「それってどうなの?」

> 「これってこうだよ」ではなく「それってどうなの?」って訊(き)いてくれるから > ある高校生

記事を読む

cc570b5139da6316ccbfb6e69f9cafa3_s

コーチにはカウンセラーが必要、カウンセラーにはコーチが必要

> 誰かの支えになろうとしているこの人が、一番支えを必要としていると思いました。 > ある女子高校

記事を読む

no image

リーダーシップ

 鳩山首相が退陣し、民主党の党首に菅直人氏が選ばれ、おそらく首相に選任されます。  小泉元首相も含め

記事を読む

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

目立った能力が無いように見えるけれど「要(かなめ)」の人に

 『「普通の人はいつでも交換可能なコマみたいなもの」とは、どうしても思えない。   http://

記事を読む

af246625f97edd7f5d9453637b0779b6_s

無くて七習慣

「コツコツ努力できる人」は前向きでも、モチベーションが高いわけでもない。自動的に動いているだけ。ht

記事を読む

A robot and a robot head / tdeering

「高専ロボコン」での人材育成

A robot and a robot head / tdeering[/caption]

記事を読む

no image

コーチング時のメモ

 コーチの立場として、  コーチング時に、思わずメモしてしまうときと、メモする気になれない時がある

記事を読む

fc516bb8ed57647c06684b866e4bf6b4_s

「部下との向き合い方」ではなく、「自分の心との向き合い方」

「仕事のプロのためのコーチング」は、 仕事の上でのコミュニケーション方法の一種です。 コミュニケ

記事を読む

e6dc7634dd6e410dc483ade3b404e143_s

人を育てるためには、「先回り」「導く」「教える」をやめてください

「察すること」は必要だが、先回りすると成長しない http://blog.goo.ne.jp/hi

記事を読む

no image

[Webサイト]会話がどんどん続く君

 おふざけのようでいて、  日ごろのコミュニケーションの悩みはこんなところじゃないか、  と感じさせ

記事を読む

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s
目標と承認はかなり近い関係

 多くを所有して重装備になって、  いろいろできるようになって、

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
相手がその気にならないと、何も変わらない。だから、自分の姿だけは見せておく。

コーチングをして意味がある人、ない人の話です。 もちろん、 「あの

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
しゃべるとき・・・

> 人間がこれほどやっかいなのは、しゃべるからだからね。言葉があるから

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
「相談を受ける11歳の小学生」

NYの地下鉄でお悩み相談をする、11歳の小学生。1回2ドル。http:

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
DIMEに取材協力「なぜうまく発言できないのか?会議で評価が上がる発言をするコツ」

DIMEに、取材いただいた記事が掲載されました。 「なぜうまく発

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑