*

ノーサイン野球

公開日: : 最終更新日:2016/11/06 et cetera

自分を犠牲にした滅私奉公ではなく、自主性。
具体的な行動(記事中では2人組で動くことなど)は、それぞれの組織やグループによって日常の習慣が違うので異なるのだろうが、
「生き方」
は自分の人生を豊かにする。

コーチングはその一助になる。

~~~~~~~
今年8月の新聞記事「ノーサイン野球」が机の資料の中から出てきて、Web上の情報を集めてそれを捨てるために調べていたら、この記事が出てきた。

【ノーサイン野球の先にあったもの】
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=606865259402512&id=100002371304109


関連記事

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

誰にでも、学習する機会と時間は必要

誰にでも、どんなに偉い人、どんなに年上でわかっているような人にも、 学習する機会と時間は必

記事を読む

January2017

「人前で怒るから当人のためになるんだ。」

> 人前で怒っちゃいけねェ? > 冗談言っちゃいけねェよ。 > 人前で怒るから当人のためになるん

記事を読む

fc516bb8ed57647c06684b866e4bf6b4_s

勤務日自由、好きな作業だけでよいという会社

ある工場の取り組みがあります。 [武藤北斗からの返答] togetter「好きな日に連絡なしで

記事を読む

no image

企業支援セミナー「報連相~指示待ち型から提案型~」(企業年金研究会)の参考サイト

 以下は、2012年1月19日企業支援セミナー「報連相~指示待ち型から提案型~」(企業年金研究会)の

記事を読む

no image

NORADサンタ2011

Merry Xmas! NORADのサンタ追跡プロジェクト http://www.noradsant

記事を読む

no image

コーチングの目指す先

 「コーチングの目指す先」≠「コーチングの目的」  とすると、    ●コーチングの目的:クライアン

記事を読む

no image

信じるのだ、自分たちを

七夜物語(ななよものがたり)より 「これから先、とても困難な道だろう。けれど、信じるのだ、こどもたち

記事を読む

no image

コーチング時のメモ

 コーチの立場として、  コーチング時に、思わずメモしてしまうときと、メモする気になれない時がある

記事を読む

no image

読者登録でも、人は自分に無いものを求めているようです。

 私(Yoshi:よし)は、最近は主にこの2つのBlogに記事を書いています。  記事としてBlog

記事を読む

f9d33651ea5ec233fe13b7f383141a30_s

社会で生きるための「コミュニケーション力」は「コーチングの心」がベースになる

姉妹Blogサイトの記事 http://views.core-infinity.jp/2016/12

記事を読む

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s
目標と承認はかなり近い関係

 多くを所有して重装備になって、  いろいろできるようになって、

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
相手がその気にならないと、何も変わらない。だから、自分の姿だけは見せておく。

コーチングをして意味がある人、ない人の話です。 もちろん、 「あの

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
しゃべるとき・・・

> 人間がこれほどやっかいなのは、しゃべるからだからね。言葉があるから

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
「相談を受ける11歳の小学生」

NYの地下鉄でお悩み相談をする、11歳の小学生。1回2ドル。http:

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
DIMEに取材協力「なぜうまく発言できないのか?会議で評価が上がる発言をするコツ」

DIMEに、取材いただいた記事が掲載されました。 「なぜうまく発

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑