*

ワーク・ライフ・バランス

2016/08/19 | et cetera

> ワーク・ライフ・バランス > 現代の標語  (折々のことば 選・鷲田清一) 「ライフ・ワーク・バランス」は、聞き始めたころから、 わかるようでわからない言葉だった。 自分で決めて選ん

続きを見る

自分が他者に対して、その存在のすべてを無条件に受け入れる

2016/08/09 | et cetera

このところ「承認」について突き詰めているからかもしれないけれど、 この新聞小説の回も「承認」の話。 > 自分が他者に対して、その存在のすべてを無条件に受け入れたのは初めてのことだったのではない

続きを見る

「怒る」「怒鳴る」「叱る」「殴る」

2016/08/08 | et cetera

このような記事がありました。 落合博満&桑田真澄の体罰に対する考えがスゴイ!殴ることで証明されるもの、指導者の力量不足http://matome.naver.jp/odai/2135791002

続きを見る

「すぐに結果が出ないものに対して魅力を感じにくい」という脳の特徴がある人へ

2016/08/04 | et cetera

『シリーズ:もっと知りたい「大人のADHD」 大人のADHDと「報酬遅延勾配」の話http://www.asahi.com/articles/SDI201510308908.html』 大人のA

続きを見る

コーチングは、「繊細に相手の変化をキャッチする」

2016/07/31 | et cetera

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。  公式の報告は、こちら   『【報告】7月例会 「部下のヤル気を上げるコーチング」   http://jc

続きを見る

「ほめる」「承認」は、「与える愛」「引き出す愛」

2016/07/30 | et cetera

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。  公式の報告は、こちら   『【報告】7月例会 「部下のヤル気を上げるコーチング」   http://jc

続きを見る

「私のヤル気を上げる言葉」を口に出してみる

2016/07/30 | et cetera

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。  公式の報告は、こちら   『【報告】7月例会 「部下のヤル気を上げるコーチング」   http://jc

続きを見る

「ほめる」「承認」の記事一覧

2016/07/27 | et cetera

「ほめる」「承認」について書いた記事の一覧です。 (2016/07/26現在) 「ほめる」「承認」の記事一覧http://views.core-infinity.jp/2016/07/list

続きを見る

「承認」の仕方を、ロボット教室に学ぶ

 ロボット教室でのある生徒との会話。  かなり作るのに苦労するロボットを前にして。  もう少しで完成だが、最後のところで苦労している。  若狭(以下、若)「これ、ここまで一人でつくったん

続きを見る

「ToDoリスト」は「問いリスト」

2016/07/07 | et cetera

作業から仕事へ、仕事からやりたいことへ、そして楽しいことへ というお話しです。 ToDoリストを毎週更新しています。 毎週やることも、繰越すことも多い。 だから、毎回同じことを何回も書いて

続きを見る

無くて七習慣

2016/07/06 | et cetera

「コツコツ努力できる人」は前向きでも、モチベーションが高いわけでもない。自動的に動いているだけ。http://blog.tinect.jp/?p=26804 「作業」や 「創造をするための時間

続きを見る

あなたが仕事を進めるときに必要なコミュニケーションは十分足りていますか?

2016/06/17 | et cetera

「部下を持つ人のコーチング入門 by 伊藤 守」 この本は、コーチングの本だけれど、そう思って読むとちょっと違います。 コーチだからこその提案 「あなたが仕事を進めるときに必要なコミ

続きを見る

「魚の釣り方」を教える

2016/06/17 | et cetera

記事中の坂東さんのことば “子供には、釣った魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えることが大切です。 釣り方を学べば、親がいなくなっても子供は生きていけます” ((黒木瞳のひみつのHちゃん:

続きを見る

格付けと、空中浮遊、千里眼、壁抜けの能力

2016/06/16 | et cetera

格付けの前提になるのは規格化です。「ほかの条件をすべて同じにする」ことなしに客観的な格付けはできないからです。ですから、「競争的環境に投じて、優劣を競わせる」というルールを採用した瞬間から、その社

続きを見る

「平等に」扱い、本当の成果を得させるコーチ

2016/06/15 | et cetera

「あなたは勉強が足りない」 ((一語一会)作家・大野更紗さん 大学院の指導教授、稲葉振一郎さんからの言葉) より 思わず、「ごめんなさい」。 僕はまだまだ足りません。 ~~~~~~

続きを見る

アカウンタビリティって、自分がやったことをすべて受け入れられるほどやるってこと

2016/06/14 | et cetera

「主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント  by ロジャー・コナーズ, トム・スミス, クレイグ・ヒックマン」 読了。 原題「The Oz Principle」 オズの魔法使い

続きを見る

「代案は?」と聞かれて・・・・

2016/06/08 | et cetera

「代案なしの反対」に存在価値はあるか。http://blog.tinect.jp/?p=25839 こういうことを書ける人がいるから、ありがたいことで。 (「このことを書きたかったよ~」の裏返

続きを見る

私の常識とあの人の常識が違う!

2016/06/01 | et cetera

職場でコーチングする際に、 自分の価値観でジャッジしてもあまり意味がない場合があります。 「私とあの人は違うんだ」 「あの人の行動の理由を納得できないこともある」 「人は本当に多様だ」

続きを見る

【「コーチングを知らない人」の反応あるある】の記事がありました

2016/05/28 | et cetera

コーチングって、こういうものです。 「自分でやれるので必要ないっす」 というのはよくある反応です。 でも一方、最後にあった、 「自分ではどうにもならないのでお願いします」 も

続きを見る

生徒の「自主・自立」をサポートする

2016/05/26 | et cetera

出身高校の校訓が「自主・自立」だったと聞いて。 (そうだったかなあ、そうだった気がするな。) ~~~~~~~ このことについて、最近になってやっとわかってきました。 「自主自立」と

続きを見る

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s
「意識は、共同性は排他性へと変質する。」

> そこに所属しているという意識から、そこを自分が所有しているという意

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s
チームのメンバーが違うことを前提にやることが、チーム力を発揮すること

> 利用者のみなさんと一緒にぼーっとしているときがあって、そういう何も

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s
「すぐには教えない,でも詳しく教える」

リンク先は、高校数学の塾の先生の記事です。 タイトルだけでここの話は

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s
「締め切り厳守、仕事は選ぶな」

> ■締め切り厳守、仕事は選ぶな (一語一会)経済アナリスト・森永卓

dda7a9d95f75be185087f3ea2cecd392_s
「誰もしていないことをすれば、第一人者になれる」

> 誰もしていないことをすれば、第一人者になれる > 当時は京都大の

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2017年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑