*

目標と承認はかなり近い関係

公開日: : et cetera

 多くを所有して重装備になって、
 いろいろできるようになって、
 お金とか人間関係とか人に恥じない程度に持っても、
 満足することはおそらくありません。

 それも人間の欲で、
 それが生命力の人もいるので、否定はしません。

 けれど、「餓鬼」と一緒で、
 「もっともっと」になるし、
 虚しさを感じているはず。

 承認欲求は、本能的なものだけれど、
 ものやお金で「承認されたい」欲求を満たすことはできません。

~~~~~~~~~

 会社で働いていた時にたくさん来た年賀状が、会社を辞めたとたんに来なくなるとはよく聞く話。
 年賀状がたくさん来ていた時には、それで「承認欲求」が満たされていた。
 そういったものでも、満たされていたのです。

 このように根拠なく、依存してしまうものであるし、
 逆にいえば、承認があれば実力を発揮しやすくもなるものです。
 「承認」は、よく理解して、行動に移せれば、とても効果があるのです。

 また、無自覚に「承認しない!」という行動をして相手にダメージを与えていることもあります。
 ダメージを与えることも効果的にできます。

~~~~~~~~~

 ただ、何でもいいから「承認」すればいい、「ほめ」ればいいというものではありません。
 どんな行動をしても、「いいよ、いいよ」と言っていてはいけません。
 それは小さな子供を甘やかして育てているのと同じ。

 そこは「コーチング」。
 「目標」や「目指すこと」とワンセットです。

~~~~~~~~~

 少年野球で、打席で空振り三振して戻ってきた選手に、

 「なんで空振りしたんだ」
 「球をよく見ろよ」
 「立ってるだけで四球だったんだ。振るな」
 「罰として素振り100回」

 野球が好きだけれど下手な子は止めていき、野球が嫌いになります。
 一方、

 「水平にバットが振れていたね」
 「3球とも振れていた」
 「タイミングは合っていた」
 「勇気を出してバッターボックスに行ったね」

 好きな気持ちが増え、向上心が芽生え、仲間や監督への気持ちのつながりを感じ、自分が考えていることや感じていることを伝えやすくなります。
 後者が、「承認」です。

~~~~~~~~~

 日常すべてがコーチングでうまくいくと思っているけれど、
 ともかく、コーチングには「目標」があります。
 その目標までの道をサポートする方法に、「承認」があるのです。

 目標は何でもいいんです。
 「バッターボックスでボールに当てる」
 「バッターボックスに立つ」
 「試合に勝つ」
 「気持ちよく打つ」
 「これからのたくさんの試合で打っていくために、もっと上手になるために打つ」

 目標を持つことが大事です。
 もう一つ大事なのは、周りの人がその目標を知ることです。
 目標を知れば、一つ一つの行動の意図がわかります。

 行動の意図がわかれば、
 黙って見守っていたほうがいいのか、
 できたことを言えばいいのか、
 できていないことを伝えればいいのか、
 うまくいったことをほめればいいのか、
 次のステップの目標を提案すればいいのか、
 やった行動そのままを、見えたまま言葉にして伝えればいいのか、
 自分にとってどう感じたか言えばいいのか、がわかります。

 「目標」や「行動の意図」を理解して、メッセージを伝えることが『承認』です。

 僕が考える一番の承認は、

   『行動の意図を知り、その結果に対して意図に沿ったリアクションする』

 です。

~~~~~~~~~

 簡単なことです。
 今のタイミングの、相手の「目標」を知り、
 一つ一つの行動の意図を理解し、
 結果に対して「目標」実現の力添えになることば掛けをすることです。

 もし、難しいと感じるならば、
 「目標」とはどういうものかわかっていないし、
 自分の考え方や取り組み方しか知らないか、
 ステレオタイプなものの見方しかしていないからです。

 「目標」って、
 にやっと笑って、「よしそれでやってみよう」と思うものなので、
 相手から引き出すのは簡単と言えば簡単だし、
 「聴こう」と思わなければ永遠に知ることができないものです。

~~~~~~~~~

 目標を聴くのも「承認」だし、
 行動の結果にリアクションするのも「承認」です。

 こんな日々のコミュニケーションが、
 信頼関係を強固にするし、
 相手が成果を出すサポートをしていることにもなります。

 コーチングで、「承認」はとても大切です。

※「スキル」の意味
 「承認」は、コーチングスキルの一つと言われているけれど、
 「まずは型どおりにやればOK」という技術ではない。
 日本語で「スキル」のイメージは、「型」か「職人技」か。
 でも少し違う。
 スキルを「人間理解」とか、「実際のコミュニケーションへの人の心理の応用」といったら、本質が伝わるだろうか。


関連記事

「人前で怒るから当人のためになるんだ。」

> 人前で怒っちゃいけねェ? > 冗談言っちゃいけねェよ。 > 人前で怒るから当人のためになるん

記事を読む

コーチングは、「繊細に相手の変化をキャッチする」

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。  公式の報告

記事を読む

「ほめる」と「叱る」をするときの盲点

「ほめる」と「叱る」について、ある人の記事で気づいたことがありました。 部下をきちんとほめた

記事を読む

自分が他者に対して、その存在のすべてを無条件に受け入れる

このところ「承認」について突き詰めているからかもしれないけれど、 この新聞小説の回も「承認」の話。

記事を読む

コーチングは同じ

僕はね。 「精神論」を打破して、 「言語」でサポートし、 「身体」で自分の人生との一体感を実感

記事を読む

「個人の能力を発揮させる人材開発」のための人事評価とコーチング

人事評価はもういらない 成果主義人事の限界投稿者 松丘 啓司 Facebookで紹介されている

記事を読む

対話、議論のルール

Rules, Rules, Rules / liberato[/caption] あなたの職

記事を読む

14年後は何をしている?

以下は、ナイキのサイトです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事を読む

「部下との向き合い方」ではなく、「自分の心との向き合い方」

「仕事のプロのためのコーチング」は、 仕事の上でのコミュニケーション方法の一種です。 コミュニケ

記事を読む

no image

本日(5/8)、「スタンフォード白熱教室」放送

 本日(5/8)に、NHK教育放送にて、    『スタンフォード白熱教室     (NHK教育放送)

記事を読む

チームビルディング関係の情報

チームビルディング関係で集めた情報をここに置く。 「チームの成長

設問「どうやって仕事を覚えましたか?」

Facebookの新しいグループで下記の問いがありました。 設問「ど

Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2017年6月
    « 3月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑