*

「すぐには教えない,でも詳しく教える」

公開日: : 最終更新日:2017/02/16 et cetera

リンク先は、高校数学の塾の先生の記事です。
タイトルだけでここの話は十分です。

「すぐには教えない,でも詳しく教える」
(リンク先のタイトル)

ある問題集は、問題集の回答欄には「考え方」と「解」のみ。
その代わり、別冊回答集には「詳しい解法・解答」が書かれているそうです。

これは、「主体性を引き出す」にも使える方法ですね。
コーチングではこの言葉をよく使います。
ケースバイケースということもあるでしょうから責められませんが、
「どうやって主体性を引き出すか」
について、腑に落ちる説明を聞いたことがありませんでした。

これかな。
と思ったのです。

問題を解いた答え合わせとして「解」は必要です。
まったく問題解決法がわからない時には、
一例として答えを例示することは有用です。
でも、その途中は、自分なりに考えてもらう必要があります。
その結果、最初に示した答えにならなくてもかまいません。
そして、その途中の方法や手段などの見当もつかない時には、
これまた一例として、詳しく提案するのはありです。

答えだけ欲しがって、教える人に依存してしまうのは、
自分自身を信用していないし、
何かを恐れているからでしょう。

一度、「問題を解く」ことから離れて
最初は「思考」だけでも構わないから、
「自分自身を信じられるところを挙げる」
「恐れることは大したことがない」
と理解してもらって、やってもらうことでしょう。

説明される側は、
詳しく説明してもらい、
「わからないこと」「自分の発想との違い」に納得して、
似たような別の問題にかかる
のがいいだろう、と思ったのです。
これもまた、主体性を引き出す方法のひとつです。


関連記事

沈黙を使う

> 無言は > 強い質問である > 御厨貴(みくりやたかし)  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

「高専ロボコン」での人材育成

A robot and a robot head / tdeering[/caption]

記事を読む

社会人は、相手の「感情に沿った」コミュニケーションを

社会で生きるための「コミュニケーション力」は「コーチングの心」がベースになるhttp://pro.c

記事を読む

「部下との向き合い方」ではなく、「自分の心との向き合い方」

「仕事のプロのためのコーチング」は、 仕事の上でのコミュニケーション方法の一種です。 コミュニケ

記事を読む

no image

アイスブレイクが一杯詰まったサイト紹介

 私(Yoshi:よし)のBlog(FC2:http://hito10ikimono.blog117

記事を読む

no image

『1日の上限が越えました。』

 「読者登録の上限数」は1,000名と知っていましたが、1日の登録上限をよくわかっていませんでした。

記事を読む

誰にでも、学習する機会と時間は必要

誰にでも、どんなに偉い人、どんなに年上でわかっているような人にも、 学習する機会と時間は必

記事を読む

「すぐに結果が出ないものに対して魅力を感じにくい」という脳の特徴がある人へ

『シリーズ:もっと知りたい「大人のADHD」 大人のADHDと「報酬遅延勾配」の話http://ww

記事を読む

生徒の「自主・自立」をサポートする

出身高校の校訓が「自主・自立」だったと聞いて。 (そうだったかなあ、そうだった気がするな。)

記事を読む

人は、「プロとして必要とされること」が必要です。

被災地だけではないですが、仕事は大切です。 (耕論)被災地に仕事を 佐藤正克さん、高津玉枝さん

記事を読む

設問「どうやって仕事を覚えましたか?」

Facebookの新しいグループで下記の問いがありました。 設問「ど

Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

「やりたいことをやる」=「やりたい・実現したいと心が動いたプロジェクトをやる」

(ご無沙汰しています。  Facebookや「Core Infini

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑