*

社会で生きるための「コミュニケーション力」は「コーチングの心」がベースになる

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 et cetera

姉妹Blogサイトの記事 http://views.core-infinity.jp/2016/12/communication-ability/

下記ページより拾い出したもの。
学生と社会人の「コミュ力」、3つの決定的違い
http://toyokeizai.net/articles/-/147758

元記事を必ずお読みください。

~~~~~~~~~

社会人、仕事をする人は以下のことを上手にやっている。

知らないとできないし、
知っていても、具体的にどうしたらいいかわからないとできない。

1. 上下関係が存在するコミュニケーション
(社会人には、学生とは違う意味の上下関係がある)

2. 受け手が支配するコミュニケーション
(学生は、言いたいことを言う、話が合うのがコミュニケーション)

3. 要求を含むコミュニケーション
(社会人は、相手に何らかの行動を起こしてもらうことを含む

~~~~~~~~~

社会人をやっていても、
どちらの理由か知らないけれど、
できない人がいる。

商品を作って売る例だと、お客さんの決定がすべてだとわかる。

けれど、例えば、
・謝罪を受け入れてもらう。
・部内で検討してもらう。
・会って話をするアポを取る。
・飲食の場にお呼びする。

時のコミュニケーションは、習慣・慣習を知っておくなどノウハウが必要。

さらに、
・先生の立場に自分がなったとき

難しいですよ。
「先生」だけではなく、
教えるとき、
自分が親会社の立場の時、
「先生」と呼ばれる指導者の立場すべての時です。

立場が上だからって、好き勝手言っていては何も受け取ってくれません。
理屈で正論を言っても、相手には相手の正論があるので受け取ってくれません。

さらっと書きましたが、

「(先生が生徒に)教えるとき」

これも「商品を作って買ってもらう時」と同じ繊細な気遣いが必要です。

~~~~~~~~~

ここは、「仕事のプロのためのコーチング技術」です。
部下に、これを理解して、お客様や子会社・協力会社に接してもらう必要があります。

具体的なやり方を覚えてやってもらうだけではなく、
できれば応用が利くように、
考え方の根本を理解してもらいたいものです。
そのために、
「理屈で正論を言っても、相手には相手の正論があるので受け取ってくれません。」

その時に大事なのが、
あなたが「コーチングの心」を思い出すことです。

・・・・・・・・・・・・・

ややこしいですね。
何重にも階層構造になっていますね。

でも、安心してください。
「1.」~「3.」は、「コーチングの心」を思い出せればクリアできます。

「コーチングの心」は、
固く、強いものではなく、
しなやかに、でも吹き飛ばされずにその場所に立ち続けるための、
柔軟性を与えてくれるものです。

・相手の言葉で相手を理解する。
・相手を理解できなくても、相手を尊重する。
・相手の自分の世界を邪魔しない。

「理解」と「尊重」「卑屈にならない」ですね。

いざとなったら、それだけに焦点を当てて、接していってください。
その思い出し方、発見方法、実現方法、評価はあなたのものです。


関連記事

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

Web紹介『会議の参加者を当事者にする質問』

この記事のタイトルは、引用元から変えています。 正確には、 『「組織を変える」ときに引き起こ

記事を読む

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prashantmaxsteel

チームワークはどこにある? その2

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

Decisions, decisions / garrettc

私の「決断パターン」診断

Decisions, decisions / garrettc[/caption] 高島徹さ

記事を読む

fc516bb8ed57647c06684b866e4bf6b4_s

うまくいくパターンの選択肢を増やすために

前者・後者論の向江さんの以下の記事 「後者に学習能力はない」 昨日の僕の記事

記事を読む

bffa4f391c2b1c0ae1a63c8165e4d12e_s

「魚の釣り方」を教える

記事中の坂東さんのことば “子供には、釣った魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えることが大切

記事を読む

fc516bb8ed57647c06684b866e4bf6b4_s

自分が他者に対して、その存在のすべてを無条件に受け入れる

このところ「承認」について突き詰めているからかもしれないけれど、 この新聞小説の回も「承認」の話。

記事を読む

a1180_000919

OTJでも、「できるようになったことをフィードバック」

先日、このような記事を書きました。    『Vol. 81 [仕事をしながら指導す

記事を読む

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prashantmaxsteel

チームワークはどこにある? その1

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

no image

読者登録でも、人は自分に無いものを求めているようです。

 私(Yoshi:よし)は、最近は主にこの2つのBlogに記事を書いています。  記事としてBlog

記事を読む

bffa4f391c2b1c0ae1a63c8165e4d12e_s

アカウンタビリティって、自分がやったことをすべて受け入れられるほどやるってこと

「主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント  by ロジャー・コナーズ, トム・スミス, ク

記事を読む

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s
目標と承認はかなり近い関係

 多くを所有して重装備になって、  いろいろできるようになって、

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
相手がその気にならないと、何も変わらない。だから、自分の姿だけは見せておく。

コーチングをして意味がある人、ない人の話です。 もちろん、 「あの

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
しゃべるとき・・・

> 人間がこれほどやっかいなのは、しゃべるからだからね。言葉があるから

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
「相談を受ける11歳の小学生」

NYの地下鉄でお悩み相談をする、11歳の小学生。1回2ドル。http:

915a89b7ada9319d036de2743b27414a_s
DIMEに取材協力「なぜうまく発言できないのか?会議で評価が上がる発言をするコツ」

DIMEに、取材いただいた記事が掲載されました。 「なぜうまく発

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑