*

私の常識とあの人の常識が違う!

公開日: : et cetera

職場でコーチングする際に、
自分の価値観でジャッジしてもあまり意味がない場合があります。

「私とあの人は違うんだ」
「あの人の行動の理由を納得できないこともある」
「人は本当に多様だ」

と理解するために、「前者・後者」を知ることも大変有意義です。

そんな、「私の常識とあの人の常識が違う!」の一例を。

~~~~~~~

「前者・後者」について、
それぞれの行動の見え方について、このような分析がありました。

リンク先を是非お読みください。

一部だけを取り出すと訳がわからないので、少々表現を変えて・・・

「後者」には、以下のような特徴があります。

  ●後者はわざと無視している・話を聴いていない訳ではない。

  ●相手に伝えるための表情を常にしている訳ではなくて、
   さらに感情に合わせた表情をしている訳でもない。

  ●社会的に当然と思われているはずのことを、それほど固く考えていない。
   (例:上司の指示を守る、など)

~~~~~~~

上記は、「前者」と「後者」の間のギャップの話ですが、
部下指導、子育てで、自分とのギャップにも通じるところです。

けれど、それらはわざとではなく
その人のナチュラルな反応をしているだけなのです。

「後者」は、通常はスイッチを切っていて、
必要な時にスイッチを入れています。

スイッチを入れるのは、
「入れ続けるのも」
「入れた状態で対応するのも」
かなりのエネルギーが必要なので、
『自分らしさ』
という意味では、
「スイッチ・オフ」が標準状態です。

そこで、「スイッチ・オフ」の状態の人に対して、
「社会というものは・・・・・」とか
「常に・・・・べき」とか
「大人であれば、・・・・・をしなければならない」とか言わず、

「社会常識が無い」と切って捨てないでください。

~~~~~~~

記事中のことについて

「上司の指示を聞く」の「聞く」までは僕の中では当然かなあ。
(まさに「聞く」だけで、指示とおりにするかどうかは別)

でも、指示とおりにやろうとするよりも、
そのアイディアをもとに何かをやろうとしていました。

上司としては、
「アイディア」ではなく、まさに「指示」だったはずですが。

だから、「その通りにやれ」と言われたこともあり、
本当に「その通り」だと、
やっていることが楽しくなくて、できあがりもそれほどじゃなかったような。

「その通り」やっているつもりで、無意識的に「良かれ」と思って何か加えたり、変更していたことも。

~~~~~~~

「前者」さんは、

「上司の言うことを過不足なく実行する」

「一般に言われている上司の権限の範疇に入らないように注意深く行動する」

もあるようです。

同じ立場の同僚(前者)から
その細心さからの指摘を受けて、大変驚いた経験を思い出しました。


関連記事

あなたが仕事を進めるときに必要なコミュニケーションは十分足りていますか?

「部下を持つ人のコーチング入門 by 伊藤 守」 この本は、コーチングの本だけれど、そう思

記事を読む

生徒の「自主・自立」をサポートする

出身高校の校訓が「自主・自立」だったと聞いて。 (そうだったかなあ、そうだった気がするな。)

記事を読む

「教えようとした時には必ず間違う」

武田鉄矢の持論に松本人志もうなる「人は教えようとした時に必ず間違う」http://news.myna

記事を読む

no image

「体験する時間」が文章になるまで

体験する時間 身体で受け止める時間 エッセンスに気づくまでの時間 文章にする時間 メール通信、Ame

記事を読む

人は、「プロとして必要とされること」が必要です。

被災地だけではないですが、仕事は大切です。 (耕論)被災地に仕事を 佐藤正克さん、高津玉枝さん

記事を読む

沈黙を使う

> 無言は > 強い質問である > 御厨貴(みくりやたかし)  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

格付けと、空中浮遊、千里眼、壁抜けの能力

格付けの前提になるのは規格化です。「ほかの条件をすべて同じにする」ことなしに客観的な格付けはでき

記事を読む

no image

『1日の上限が越えました。』

 「読者登録の上限数」は1,000名と知っていましたが、1日の登録上限をよくわかっていませんでした。

記事を読む

『コーチをコーチングしてコーチング力をアップするトレーニング』

『コーチをコーチングしてコーチング力をアップするトレーニング』 コーチングを学ぶために

記事を読む

チームワークはどこにある? その2

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

チームビルディング関係の情報

チームビルディング関係で集めた情報をここに置く。 「チームの成長

設問「どうやって仕事を覚えましたか?」

Facebookの新しいグループで下記の問いがありました。 設問「ど

Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2016年6月
    « 5月   7月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑