*

書籍「ナースのためのセルフコーチング」

公開日: : et cetera


ナースのためのセルフコーチング 鱸 伸子, 柳澤 厚生
http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimon-22detail/4260010840

読了。
「自分という人を知り、自分の人生をどのように考え、組み立てていくか考えるための本」。
いわゆる、「自己基盤(=パーソナルファウンデーション)」
を言葉にしていくための本です。

「ナースのための」とついていますが、ほぼ関係ありません。
~~~~~~~

「人生は苦しいもの」
「苦労した分にお金をいただける」
「自分の思い通りに生きるのは、わがままなだけだ。できる人がいても、ほんの一部の人だけだ」

と思っていたら、自分の人生は苦しくなるだけです。
どうしようもない社会や会社、神さまにも勝手に翻弄され、自分に自由はない、
と、「被害者モード」
「無力感」
「自分否定」
の人は僕が思っていたより多くいます。

まず、そうじゃない世界もある、
そして、今とは違う世界を選んでもいい、
と気づいてほしいのです。
今の世界を選んでいるのも、自分なのですから。

そういうときに、本書のような
「自分という人を知り、自分の人生をどのように考え、組み立てていくか考えるための本」
は役立ちます。
人に知られずに取り組めるのですから。

(本当は、同じような境遇の人は多いので、
 そのような仲間とともに取り組んだ方が、
 レベルも変化の速度も段違いなのですけどね)

~~~~~~~

僕が付せんをつけた個所は、
「ミッションの見つけ方」
「リーダーとマネジャーの違い」
でした。


関連記事

人を育てるためには、「先回り」「導く」「教える」をやめてください

「察すること」は必要だが、先回りすると成長しない http://blog.goo.ne.jp/hi

記事を読む

no image

コーチング時のメモ

 コーチの立場として、  コーチング時に、思わずメモしてしまうときと、メモする気になれない時がある

記事を読む

no image

NORADサンタ2011

Merry Xmas! NORADのサンタ追跡プロジェクト http://www.noradsant

記事を読む

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal.nifty.com/kiji

記事を読む

チームワークはどこにある? その4

Group Weight Lifting and Tug-of-War Event / prash

記事を読む

うまくいくパターンの選択肢を増やすために

前者・後者論の向江さんの以下の記事 「後者に学習能力はない」 昨日の僕の記事

記事を読む

「ToDoリスト」は「問いリスト」

作業から仕事へ、仕事からやりたいことへ、そして楽しいことへ というお話しです。 ToDoリス

記事を読む

あなたは『自分の意思を信頼して』いますか?

コーチングの場でも、こういう人がいます。 いやいや「覚せい剤依存症患者」ではなくて、 『意思

記事を読む

沈黙を使う

> 無言は > 強い質問である > 御厨貴(みくりやたかし)  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

やりがい、生きがい

> やりがい、生きがいだけでがんばると、つぶれることがある > 障害者施設の支援職員  (折々の

記事を読む

設問「どうやって仕事を覚えましたか?」

Facebookの新しいグループで下記の問いがありました。 設問「ど

Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

「やりたいことをやる」=「やりたい・実現したいと心が動いたプロジェクトをやる」

(ご無沙汰しています。  Facebookや「Core Infini

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑