*

「私のヤル気を上げる言葉」を口に出してみる

公開日: : et cetera

 京都チャプター7月例会「部下のヤル気を上げるコーチング」の講師をしてきました。

 公式の報告は、こちら

  『【報告】7月例会 <組織活性化コーチング>「部下のヤル気を上げるコーチング」
   http://jca-kyoto.jp/?p=2021』

 をご覧ください。

DSCF006506
~~~~~~~

 結局は、

   『「承認」と「ほめる」を区別して普段の会話、部下指導の場で使いましょう』

 と勧めて終わりました。

 それ以外のお話しを。

 当然のことですが、セミナーの前に僕としての「ヤル気が出る言葉」「ヤル気が出る状況」を書き出しました。
 挙げたものを見て、確かにヤル気は上がると納得しました。

 けれど、・・・・
 まるで普段隠している秘密のものをカミングアウトしたようで、マル秘としたくなりました。

 そうはいっても講師というのは、腹の中にあるものもすべて見せて受講者の役に立てるもの。
 メインテーマのもの以外は説明しませんでしたが、すべて公開しました。
 (本文末に資料として掲載します)

 それを周りの人から言われることは、とてもヤル気が上がるものですし、
 周りの人に伝える、という行為は、その人をよほど信頼していないとできないことです。

 無理強いしてはいけませんが、
 チームのみんなで

   「私のヤル気を上げる言葉」
   「私のヤル気を下げる言葉」
   「ヤル気が下がった時にすること」

 を話してみるとより強固で、心地よい関係になります。

 カミングアウトするとね、
 心がスース―とさわやかな風が通り抜けるし、
 それを聞いて、受け入れてもらえたら、とても幸せな気分になります。

 そして、それを眺めてみると、
 隠すほど恥ずかしがっていた理由が見えてきて、
 そちらの方がよほど恥ずかしくなってきました。

 だから、ミーティングで大勢の前でいきなりやるよりも、
 これから信頼を築いていきたい人と2人でやるのがいいかもしれません。

~~~~~~~

※ヤル気が上がる言葉、状況(若狭の場合)

★ヤル気が上がる言葉
・ここを変えたね(ほかの人と違う工夫をした)
・先を越されました(いいアイディアを先にされた)
・一緒にやらせてください(チームに入りたい)
・私の役に立っています(例えば、世間に公表した文章など)
・僕らと違う視点を期待している(グループに招かれて)
・同じことを考えてました
・これの狙いはこれやね
・ことばの選び方がくすぐられます
・そのことを先に進めるのに役立つ人を紹介しようか?

★ヤル気が上がるのはどんな時?
[リーダー・部下の関係]
・対等に話しかけられる(一緒のチームで遠慮、命令はいらない)
・話をさえぎられず、話題を変えられない
・仕事のどういうところが好きか知ってもらえている
・困ったことを相談しやすい(査定に影響ない、ほかの人に伝わらない)
・提案したことを批判と受け取られない
・断っても人間関係に響かない
・モチベーションが下がっても受け入れてもらえる

[目標達成の仕組み]
・チームの目標が明確
・役目・役割がある(お手伝いだけじゃない、裁量がある)
・失敗の責任を追及されない
・自分のことは自分で決められる
・組織の目標と上司の行動が一致
・自分がやるべきことが明確

[職場の仕組み]
・職場環境が整っている(探さなくてもいい)
・目標に向けた弱点フォローの仕組みがある
・小さな成功体験の機会がある
・コーチングを受けられる

コーチングの案内

 個人セッション(全1回~)、体験セッション(有料)、無料オリエンテーションは、
  ・個人セッション
     全1回~、1コマ30分、12,000円+消費税、
     コマ数の上限はありません。
     対面の場合は、+出張料として5,000円+消費税
  ・体験セッション(1回目の最初の30分間分を無料とします)
  ・無料オリエンテーション(すべての質問にお応えします。)
 ご相談、お問合せください。

 ご連絡フォームまたはFAX(020-4663-0649)・・・・24時間受付
 直通電話・・・・平日の11~19時受付(祝祭日を除く)
    ※070-5346-1730:Willcomが、新たに使えます。
     090-6660-6532:Softbankは、着信専用です。
    セッションや研修時はOFFにしています。

 以上のほか、研修のご相談もお受けいたします。
 ご意見などございましたら、お教えください。

 詳しくは、サービス一覧をご覧ください。


関連記事

「部下との向き合い方」ではなく、「自分の心との向き合い方」

「仕事のプロのためのコーチング」は、 仕事の上でのコミュニケーション方法の一種です。 コミュニケ

記事を読む

no image

サポートする者として心身を整える

対人援助職 私たちコーチ、カウンセラー、セラピー、コンサルタント、 もちろん国家資格としての医師や臨

記事を読む

「個人の能力を発揮させる人材開発」のための人事評価とコーチング

人事評価はもういらない 成果主義人事の限界投稿者 松丘 啓司 Facebookで紹介されている

記事を読む

あなたが仕事を進めるときに必要なコミュニケーションは十分足りていますか?

「部下を持つ人のコーチング入門 by 伊藤 守」 この本は、コーチングの本だけれど、そう思

記事を読む

対話、議論のルール

Rules, Rules, Rules / liberato[/caption] あなたの職

記事を読む

「内からのメッセージ」と「自分ってどんな人?」

 最近、このようなメッセージをお伝えしています。  ふと気づいたこと、意識で思考して出てきたの

記事を読む

「木のクセを読む、木の育った方位に使う」

> 力は釣り合いが崩れると、弱い所へ弱い所へと集中しますからな。 > 西岡常一  (折々のことば

記事を読む

ワーク・ライフ・バランス

> ワーク・ライフ・バランス > 現代の標語  (折々のことば 選・鷲田清一) 「ライフ・

記事を読む

主体的な人の特徴_ある一人から出てきた言葉

主体的な人の特徴_ある一人から出てきた言葉http://views.core-infinity.jp

記事を読む

沈黙を使う

> 無言は > 強い質問である > 御厨貴(みくりやたかし)  (折々のことば 選・鷲田清一)

記事を読む

チームビルディング関係の情報

チームビルディング関係で集めた情報をここに置く。 「チームの成長

設問「どうやって仕事を覚えましたか?」

Facebookの新しいグループで下記の問いがありました。 設問「ど

Happy Holidays!

新月があり、冬至があり、クリスマスがあり、正月があり。 これまでを見

1on1ミーティングは、コーチングのこと

「ヤフーの人材育成「1on1」の舞台裏」http://diamond.

ブレーキを踏みながら走るよりも、アクセル全開で走り続ける

居酒屋業界初の「おすそ分けシステム」誕生秘話http://portal

→もっと見る

  • 「メール通信」読者の方は、体験ミーティング(3,000円/45分)が1回無料です。
  • 2016年7月
    « 6月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 素の自分をさらけ出せる場『原点』を一緒に創るコーチ
    若狭 喜弘(Yoshi:よし)
    です。

    素の自分をさらけ出せる、安心・安全な場『原点』をまだ持っていない人と一緒に『原点』を創っていくのが、私の役割です。

    詳しくは、下記プロフィールをご覧ください。
    http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=516

PAGE TOP ↑